夜遊びしたい時はジャンルが豊富な池袋のセクキャバがおすすめ

池袋のセクキャバで受けられるサービス内容

頭を抱える

池袋にたくさんあるセクキャバに興味はあるけれど、どんなサービスが受けられるのかいまひとつ分からないという方は多いのではないでしょうか。まず、セクキャバでは、男性1人に対しキャストの女の子1人がマンツーマンでついて接客してくれるのが基本です。ダウンタイム制といって、女の子にお触り出来る時間が決められているお店と、常時お触りOKのお店がありますが、現在は常時お触りOKのお店が池袋でもほとんどでしょう。気になるお触りの内容ですが、基本的にはキス(Dキス含む)と、上半身(胸)のお触りとなっています。胸は直接触る事が出来ますが、お尻は服の上からのみ、その他下半身や下を脱がせる事は禁止となっています。それでも、ただお酒を飲んでいるだけでなく、キスをしたり胸を触ったり出来るのは嬉しい事です。フリーで入った場合、女の子は10~20分で変わる事が多いと思いますが、気に入った子がいればもちろん場内指名をしてそのまま隣にいてもらう事が出来ますし、次からは本指名で来店する事も出来ます。仲良くなれば、サービスの内容も期待できるかもしれません。池袋にたくさんあるセクキャバですが、だいたいのお店でサービス内容は大きく変わらないでしょう。まずは気になるお店を探して出かけてみてはいかがでしょうか。

池袋のセクキャバで最大限楽しむ方法

池袋のセクキャバに行った事はあるけれど、いま一つ楽しみ方がわからなかった、という方もいるのではないでしょうか。それは思ったようなサービスを受けられなかったからではありませんか。女の子の見た目を重視するのか、会話なのか、サービスなのか、人それぞれかと思いますが、せっかく池袋でキャバクラやガールズバーではなくセクキャバに行くのなら、気に入った女の子にたくさんサービスをしてもらいたいと思うでしょう。そのためには、まずこちらを良いお客さんだと思ってもらう事に限ります。1点目として、見た目が不潔だったり、口臭体臭があったりするのはNGです。密着してサービスをするわけですから、女の子からしたら当然の事でしょう。
もちろん普段から気にかけている方が多いとは思いますが、セクキャバに行く前はいつも以上に気を付けてみてください。2点目は、打ち解けるまである程度はお金を使うのを渋らない事です。1杯ドリンクを出してあげたり、1セット延長してあげたりするだけでいいのです。最初に「良いお客さん」と思ってもらえれば、そのあとの女の子の対応がまったく違ってきます。ぜひ以上2つの点を念頭に置いて、池袋のセクキャバに遊びに行ってみてはいかがでしょうか。今までとは全く違った楽しみ方が出来る事でしょう。

原則禁止でも実はアフターも楽しめる池袋のセクキャバ

夜遊びしたくなるエリアといえば、大都会にある池袋です。高級店からお手頃料金のカジュアル店まで、バラエティー豊かなジャンルで、さまざまな遊び方ができるのが池袋のメリット。そんな池袋で最も人気があるのが、お触りやキスなど、恋人気分でイチャイチャできるセクキャバです。お酒とおしゃべりを楽しむ一般的なキャバクラと違い、エッチなことも楽しめるセクキャバですが、実はキャバクラでOKなアフターが、セクキャバではNGというルールをご存知でしょうか?セクキャバではキャストの胸に触ったり、揉んだり、舐めたり、抱き合ったり、キスをしたりしてイチャイチャできるのが最大の魅力ですが、それはお店の中だけに限ったサービスです。お店の外はキャストのプライベート空間で、仮にもしアフターした場合、男性の中には勘違いしてエッチなことをするかもしれないということから、キャストを守る意味で大半のお店ではアフター禁止としています。しかし、現実的にはアフターに応じるキャストも少なくありません。たくさん指名してくれる男性や、個人的に好意を持つ相手であれば、キャストとお客という枠を超えて、プライベート空間でもお付き合いするキャストはいます。原則的にNGなアフターですが、それはお店次第、キャスト次第ということです。

【キャバセクナビ】を利用すればアフターができる池袋のセクキャバ店の情報が見つかるかもしれません。それ以外にも様々な情報を、複数のお店を比較しながら選べますので、便利です。